ウインドウを閉じる

JT たばこの「注意書き」 より大きく具体的に


http://www.mainichi-msn.co.jp/search/html/news/2004/11/06/ 20041106ddm008020122000c.html
 日本たばこ産業(JT)は5日、喫煙の危険性を警告するたばこの「注意書き」を、より具体的で目立つ表記に変えた新デザインを発表した。今月下旬から、変更した11銘柄を発売、残る86銘柄も来年6月末までに順次変更する。
 昨年11月のたばこ事業法改正で、これまでの「健康を損なうおそれがある」という表記から、具体的な健康への危険性を示すことが義務付けられたため。包装の側面1カ所の表記から、新デザインでは包装の表裏両面に各3割以上の面積割合を使って記載される。
 新しい文言は、「肺がんの原因の一つ」「心筋梗塞(こうそく)の危険性を高める」「乳幼児や子供、お年寄りの健康に悪影響を及ぼす」など8種類。2種類ずつ組み合わせて掲載する。「マイルド」「ライト」などの銘柄には、健康への悪影響が他のたばこと変わらないとの趣旨の文言を記載する。【常陸佐矢佳】
(毎日新聞) - 11月6日10時18分更新

たばこの箱に「警告」写真 禁煙推進でEU


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041023-00000055-kyodo-soci
 【ブリュッセル23日AP=共同】欧州連合(EU)欧州委員会は22日、禁煙推進のため「たばこの害」を警告する42種類の写真を作成、加盟国にたばこの箱に添付するよう呼び掛けた。
 写真は、黒ずんだ肺や喉頭(こうとう)がんの男性などの生々しい絵柄。EU各国は既に「喫煙は死を招く」などの警告文を添付しているが、写真はより強く警告するのが狙い。
 加盟国に添付する義務はないが、これまでにアイルランドとベルギーがこれらの写真をたばこの箱に使うとしている。
(共同通信) - 10月23日12時39分更新

ウインドウを閉じる