食事がとれず飲み薬を飲むのが難しい胃がん患者さんを対象として、新しい腹腔内化学療法(フォルフォックス+パクリタキセル腹腔内投与併用療法)の臨床試験を実施しています。

この試験についてのお問い合わせは、試験の参加条件をご確認のうえ、以下の問い合わせフォームからお願いします。

臨床試験の主な参加条件

  • 年齢 80 歳未満
  • 腹膜播種を伴う胃がんと診断されている。
  • 腹膜以外の臓器に転移がない。
  • 十分に食事をとることができず、経口抗がん剤による治療ができない。
  • これまでに化学療法を受けていない、または化学療法を受け始めてから1ヵ月未満である。
  • 大量の腹水が溜まっていない。

この試験以外で腹腔内化学療法をご希望の場合は、当院の臨床研究の相談窓口までお問い合わせください。 (東大病院代表: 03-3815-5411)




研究代表者:石神 浩徳(東京大学医学部附属病院・外来化学療法部)