homepagecover

更新しました。 2016. 7. 27

形態形成セミナー開催のお知らせ(新学術領域研究「脳構築における発生時計と場の連携」共催)

Alain Chédotal, Ph.D
INSTITUT DE LA VISION, INSERM UMRS 968
“ 3D analysis of axon guidance in transparent vertebrate embryos: of mice and men. “

日時:2016年8月2日(火)17:00~
会場:慶應義塾大学信濃町キャンパス 総合医科学研究棟3階 会議室3  
詳細 ポスター

以前当研究室で特任助教として勤務していた須藤遥先生の研究が論文になり、その内容の一部を含む関連事項を特許出願しました
The mitotic tensegrity guardian tau protects mammary epithelia from katanin-like1-induced aneuploidy. Haruka Sudo and Kazunori Nakajima. Oncotarget, in press.

     発明の名称:癌の予防又は治療剤(特願2016-136419号)


2015年に服部研との共同研究として論文発表したリーリンの新しい変異マウスが、MGI (Mouse Genome Informatics)によって正式に命名され登録されました
http://www.informatics.jax.org/allele/key/866808

本田岳夫先生の力作の論文がCereb. Cortexで発行になりました  詳細
Proper level of cytosolic Disabled-1, which is regulated by dual nuclear translocation pathways, is important for cortical neuronal migration. Takao Honda and Kazunori Nakajima. Cereb. Cortex, 26 (7), 3219-3236 (2016). 

表紙に採用されましたのであわせてお知らせします。解説はこちら
本田先生おめでとうございます!
7.cover

国費留学生のシン・ミンギョンさん(博士課程)のインタビュー記事が医学部英語版webサイトに掲載されました
http://www.med.keio.ac.jp/en/en/features/2016/4/1/

大石康二先生の続報の論文がProc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.に受理されました
大脳皮質の浅層(II-IV層)ニューロンが、さらに転写因子の相互抑制によってII/III層とIV層とに分化するという新しいメカニズムを発見しました
Mutually repressive interaction between Brn1/2 and Rorb contributes to establishment of neocortical layer 2/3 and layer 4.
     Koji Oishi, Michihiko Aramaki, and Kazunori Nakajima
     Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A., in press.   


大石康二先生の論文がeLifeに受理されました
大脳皮質神経細胞の層特異的分化運命は細胞誕生時に決まるとされてきましたが、実は皮質内に配置された場所に依存して変換しうることを発見しました
Identity of neocortical layer 4 neurons is specified through correct positioning into the cortex.
     Koji Oishi, Nao Nakagawa, Kashiko Tachikawa, Shinji Sasaki, Michihiko Aramaki, Shinji Hirano, Nobuhiko Yamamoto, Yumiko Yoshimura, and Kazunori Nakajima
     eLife, 5, e10907 (2016).  
2月23日(火)午後2時、プレスリリース配信されました!
【プレスリリース】ここをクリック!
Faculty of 1000に推薦されました!
badgef1000

注目論文として紹介されました!
J. Neurosci.に発表した論文(Ishii et al. 2015)が注目論文としてJ. Neurosci.誌2016年1月27日号のJournal Club欄で紹介され、author responseもオンラインにて掲載されました。

日本解剖学会関東支部第103回学術集会

当研究室の仲嶋一範教授を大会長として、2015年11月7日(土)慶應義塾大学日吉キャンパス・来往舎シンポジウムスペースにて開催いたしました。
今回は理化学研究所脳科学総合研究センターの宮脇敦史先生を特別講演でお招きしました。
また新たな取り組みとして、ランチタイム・ポスターセッションや、優秀な学生の発表に対して表彰を行い、最先端で活躍する研究者から若手研究者・学生まで、活発な議論と情報交換が実現しました!

石井一裕先生の論文が、留学直前にJ. Neurosci.に受理されました
先生はまもなくJohns Hopkins University School of Medicine に移られます

Neuronal heterotopias affect the activities of distant brain areas and lead to behavioral deficits.

Kazuhiro Ishii, Ken-ichiro Kubo, Toshihiro Endo, Keitaro Yoshida, Seico Benner, Yukiko Ito, Hidenori Aizawa, Michihiko Aramaki, Akihiro Yamanaka, Kohichi Tanaka, Norio Takata, Kenji F. Tanaka, Masaru Mimura, Chiharu Tohyama, Masaki Kakeyama, and Kazunori Nakajima. J. Neurosci., in press.  (K. Ishii and K. Kubo are co-first authors)

金谷先生の論文がProc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.に受理されました

The COUP-TFII/Neuropilin-2 is a molecular switch steering diencephalon-derived GABAergic neurons in the developing mouse brain.
Shigeaki Kanatani, Takao Honda, Michihiko Aramaki, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, Mami Ishida, Daisuke H. Tanaka, Takeshi Kawauchi, Katsutoshi Sekine, Sayaka Kusuzawa, Takahiko Kawasaki, Tatsumi Hirata, Hidenori Tabata, Per Uhlén, and Kazunori Nakajima. 
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A., in press.

林周宏先生の海馬の総説が発行になりました

Cellular dynamics of neuronal migration in the hippocampus
Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, Ayako Kitazawa, and Kazunori Nakajima
Front. Neurosci.



本田岳夫先生、久保健一郎先生が、名古屋市立大学の河野先生たちと共同で行った研究が、Journal of Neuroscienceに受理されました 仲嶋教授は責任著者の一人になっています
Importance of Reelin C-terminal region in the development and maintenance of the postnatal cerebral cortex and its regulation by specific proteolysis
Takao Kohno, Takao Honda, Ken-ichiro Kubo, Yoshimi Nakano, Ayaka Tsuchiya, Tatsuro Murakami, Hideyuki Banno, Kazunori Nakajima*, and Mitsuharu Hattori* (T. Kohno, T. Honda, and K. Kubo are co-first authors) (K. Nakajima and M. Hattori contributed equally to this work and are the corresponding authors)
  J. Neurosci., in press.

脳プロの事後評価でA評価をいただきました!
文部科学省脳科学研究戦略推進プログラム(脳プロ)の事後評価(AEの5段階)が科学技術・学術審議会脳科学委員会で行われました。私たちの分担研究については、中間評価に引き続きA評価(「研究課題の進捗状況及び得られた成果は大変優れている」)をいただくことができました(事後評価対象者12名中、A評価は3名)。胎生期の虚血が脳発生に与える影響の解明とその予防法の研究、統合失調症様症状の誘発が抑制性神経前駆細胞の前頭前野への移植によって予防できることの発見とそのメカニズムの研究などを行いました。

石井一裕先生、廣田ゆき先生が、名大の永井拓先生たちと共同で行った研究が、Neurosci.Res.に受理されました
Reelin has a preventive effect on phencyclidine-induced cognitive and sensory-motor gating deficits. Kazuhiro Ishii, Taku Nagai, Yuki Hirota, Mariko Noda, Toshitaka Nabeshima, Kiyofumi Yamada, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima. Neurosci. Res., in press.  (K. Ishii, T. Nagai, and Y. Hirota are co-first authors)


最新のトピックスはこちら
セミナーのご案内


Department of Anatomy, Keio University School of Medicine
35 Shinanomachi, Shinjuku-ku, Tokyo 160-8582 JAPAN
PHONE: +81-3-3353-1211
FAX: +81-3-5379-1977

160-8582
東京都新宿区信濃町35
慶應義塾大学医学部解剖学教室